介護業界の転職お役立ち情報

Information useful for Care Industry career change

「介護のバイトがきつい」対策方法と理由についてシェア!

お仕事の悩み

2019/06/04

介護のバイトがきついと感じる人は、多くいるようです

「介護のバイトがきついなぁ」と感じたら、まずは何がきついと感じているのかを考えてみましょう。

きついと感じる原因を知ることから始めてみませんか?

「介護のバイトがきつい」と思ってるのは、実はその職場の環境が異質なだけだったといった簡単な問題かもしれません。

介護のバイトをきついと感じ始めたら、その理由を探ってみませんか。

実際に介護のバイトがきつい事例

実際に介護のバイトがきついと感じてる理由を聞いてみたところ、以下の理由です。

給料が低い

「給料が低いから、やってられない。正直、わりにあっていないと思う」
(Uさん・22歳男性)

給料が低いから、やってられないという理由は実は多くの介護施設で介護士が苦しんでいる理由です。

結論から言うと、そのあとも同じように給料で悩み続けます。

介護のバイトでは、きつい状況が続いても昇給はそんなに見込めません。

給料が低くてやっていられないと感じた場合は、仕事の内容がハードすぎていないか見直す必要があります。

わりにあった給料をもらっていると感じるなら、「給料が低い」という不満は出ないものです。

仕事を行う上で「わりにあっていない」と感じるほど、きついものはありません。

わりにあった給料をもらっていると感じるなら、「給料が低い」という不満は出ないものです。

仕事の内容を踏まえて、他の施設に転職すればもっと楽になったり、利用者さんとのコミュニケーションを深められる現場が待っているかもしれません。

排泄介助に苦しむ

「排泄介助が嫌だ。利用者さんは、すごく好き。コミュニケーションは楽しいと思う。だけど、どうしても排泄介助がいやに感じるんです…性格の問題ですかね?」
(Mさん・19歳女性)

利用者さんの家族も排泄介助を難問に感じ、利用者さんを施設に預けます。

大人の排泄物は量が多いです。

排泄物を処理をするのにも、時間を要しますし精神的なショックを伴います!

どうしても排泄介助がきついと感じる場合は、排泄介助が少ない・介護度が低めのデイサービスで働くことも検討をしてみるのがいいでしょう。

大人の排泄物は量が多いです。

排泄介助に苦しむ

「時間が変則勤務だから、友達と遊びにくいと感じます。どうしても変則勤務なので疲れが取りきれず、大学の講義中に眠くなることも増えちゃいます!」
(Oさん・22歳男性)

変則勤務が体に合わないと感じてる人は多くいます。

介護のバイトで「きつい」と感じる人は、自分のライスタイルを見直してみましょう。

変則勤務については、多い施設で4変則勤務をこなすことになると思います。

施設の人がいないからという理由で、契約外の勤務を任される職場もあります。

例えば、9:00〜18:00の勤務を、休日のみ入るという契約を交わしたのにも関わらず、夜勤もやらされるといったことです。

介護のバイトでは、施設の本来のシフトは4変則勤務であっても、固定勤務できることを知っておきましょう!

シフトのことについて、直属の上司に相談してみることは大事なコミュニケーションでしょう。

介護のバイトをしていてきついと感じる要因を、できるだけ自分の中から取り除くことが大事です!。

好条件の介護のバイト見つける方法

介護のバイトがきついと感じてる人は、意外にも多いのです。

では、介護のバイトをきついと感じてたまらない人は、全く違う職種にいくしかないのでしょうか?

そんなことはありません!!

介護士として「バイトがきつい」と感じていながらも、キャリアを諦めないでいれる方法をお伝えします。

誰か仲介に入ってもらう

介護のバイトがきついと感じていても、直接上司に条件を交渉するのは難しいと思いませんか?

どうしても同じ場所で働いている相手なので、素直に不満を言えなかったりしますよね。

そんな時はあなたの言い分を聞いてくれ流人、交渉する人を指定するという方法があります。

その方法とは、転職エージェントや転職相談を活用することです。

介護のバイトや仕事がきついからこそ、介護士にはその雇用を促進するために転職相談をしてくださる、キャリアカウンセラーといった強力な助っ人がいるのです。

ただ、その時に求人情報サイトをみて転職先を考えるのですが、注意が必要です。

「人がいない企業ばかりを集めてる介護求人サイト」もあるからです。

また、給料が高い=好条件というわけではありません。

給料を高くしないと人が来てくれない、という可能性があるからです。

さらに、夜勤明けの日を公休とみなす施設にも注意が必要です。

できるだけ、そのようなサイトに引っかからないことが大切でしょう。

しかし、そのように注意してしっかり転職活動を行うことで、
「前の施設は時給を950円経験を評価してくれて時給が1000円に上がった!」(Oさん・22歳男性)
という人もたくさんいます。

介護のバイトがきついく、やる気を削がれている場合は、転職活動をし"条件面や給料面で天秤にかけるといい"ということも覚えておきましょう。

人づてにきく

人づてに介護施設の状況を聞くのも良いでしょう。

信頼が置ける経験豊富な人に、直接「いままで経験した介護施設」の話を聞けば、間違いはありません。

多くの貴重な口コミを教えてくれることでしょう。

サービス種を見直してみる

介護の働き方には、たくさんのサービスと働き方があります。

たまたまその介護施設のバイトがきついということもあります。

せっかく素敵な介護の仕事を、それで諦めてしまうということをしてほしくありません。

介護の業種として一括りにしないで、何が辛いのかを自分で洗い出してみるのが得策です。

今の問題を解決できるような、施設形態や職形態を選べるといいですね。

介護のバイトがきついのを改善しよう!

介護のバイトがきついと感じたら、そのことを真摯に受け止めましょう。

どこがきついと感じるのか、自分の中で振り返ってみてください。

人間関係なのか、サービス種類があっていないのか…と、細かくみていくと自分の自覚していなかった問題に気づけることがあります。

きつい」と感じているのなら、まずは自分に素直になることが重要になりますよね。

「きつい」と感じているのなら、まずは自分に素直になることが重要になりますよね。

嫌だと思っている自分を、あなた自身がちゃんと受け止めてあげてください。

問題に一つずつ、向き合うことで開ける道があるのです。

カテゴリ一覧