介護業界の転職お役立ち情報

Information useful for Care Industry career change

新人介護士の指導ってどうすればいいの?

お仕事の悩み

2019/02/26

新人の介護士が入ってきて、あなたはその人の指導を任されました。
今まで介護のやり方なんて教えたことないのに、どうやって教えたらいいんだろう…。

このようなことでお困りの方は、意外とたくさんいらっしゃいます。
今回は、新人との接し方や教え方にお悩みの方のために、新人介護士の指導のコツをお伝えします。

新人が抱える不安4つ

あなたは仕事を始めた頃に、どのような不安を感じていましたか?
誰にでも、新人時代はあります。
しかし、時間が経つにつれて、最初の頃の気持ちを忘れてしまっているのではないでしょうか。

新人の方は、以下の4つの不安を抱えています。

①自己の存在不安

自分がここに存在していていいのか、という不安です。

最初の内は右も左もわからない状態で、何か力になりたいと思っていても、ほとんど力になることができません。
すると、自分は何の役にも立てていないという気持ちになり、自分はここにいても良いのかという不安に駆られてしまうのです。

②職員との関係不安

職場の人との人間関係をしっかりと築けるのか、という不安です。

その職場で上手くやっていくために、他の職員の顔を伺いながら行動しがちです。
まずは、職員同士で仲良くならないと、伸び伸びと働くことができないのです。

③利用者様との関係不安

利用者様との信頼関係をしっかりと築けるのか、という不安です。

ある程度仕事を覚えてくると、自分が利用者様としっかり接することができているのか気になってきます。
特に仕事を始めた頃は介護の仕事に対するモチベーションが高いはずなので、このような不安も強く感じてしまいます。

④将来への不安

仕事や人間関係にある程度慣れてくると、色んなことに目を向ける余裕が出てきます。
すると、職場に対する不満や、将来の不安が見えてきます。

この不安を抱え始めたということは、仕事や職場に慣れてきたことの裏返しでもあります。

新人への指導のコツ4つ

新人が上のような不安を抱えていることを頭に入れたうえで、新人への指導のコツをお伝えしていきます。

ミスをした時の対応

新人が何かをミスしてしまいました。
そんな時のあなたの対応がとても重要です。

「ごめんね。ちゃんと教えていなかったね。」

新人は、間違いなく怒られると思っていたはずです。
それなのに、怒られるどころか謝られたら、どんなに気持ちが楽になるでしょう。

「わからないことがあったら、どんどん聞いてね。」

私はあなたの味方だという姿勢を見せれば、あなたを信頼してくれるでしょうし、伸び伸びと仕事ができるようになるはずです。

何か一つを徹底的に教える

新人に自信を持たせることは、長く仕事を続けてもらうために、とても大切なことです。

そのために、何か一つ自信を持てるものを作ってあげましょう。
例えば、オムツ替え一つでも、面倒くさがらずに徹底的に教えてあげます。

徹底的に教えてもらえたものが一つでもあれば、自然とやる気と自信が付いてくるはずです。

目標を明確にして、共有する

新人を指導する時に、最初にやるべきことが目標の設定です。

教える側は、どのような人材に育ってほしいのかを明確にする必要があります。
そして、その目標を新人と共有しましょう。

新人も、自分がどこを目指せば良いのかわからないと、自分は何ができていて、何ができていないのかを自覚することができません。

いつまでにこれができるようになる、という長期的な目標と、今日はこれを意識してやってみる、という短期的な目標の両方を設定することが大切です。

自分の指導を振り返る

新人の一日を振り返り、何が良くて何がダメだったのかをフィードバックすることも大切ですが、自分の指導を振り返ることも大切です。

新人の立場に立って一日を振り返ってみて、無意識のうちに傷つくことを言ってはいないか、声かけは十分であったかなど、考えてみましょう。

不十分な点があれば、翌日の指導から改善していきましょう。
あなたが一生懸命指導しようとしていることが伝われば、新人も嬉しいはずです。

新人がしっかりと育ってくれるかどうかは、指導する人次第です。
立派な人材に育ってくれれば、指導した側も大きな喜びを感じることができます。
しっかりとコミュニケーションをとって、新人を伸ばしてあげましょう!

【参考】
介護ご用聞きネット
http://www.kaigogoyoukiki.net/niigata/blog/001/?p=904
きらッコノート「新卒介護士の教育の仕方」
https://www.google.co.jp/amp/s/job.kiracare.jp/note/amp/article/664/

カテゴリ一覧