介護業界の転職お役立ち情報

Information useful for Care Industry career change

求人を探す2つの方法〜介護職の転職~

転職成功への道

2019/02/03

「転職しよう!」と思った時に、あなたはどうやって求人を探しますか?
よい求人が多く出る時期があるのですが、どのような時期だと思いますか?

このような情報収集に関する2つの問いにお答えしたいと思います。

求人の探し方

はじめに、情報収集の手段を2つお伝えし、それぞれのメリット・デメリットを解説したいと思います。

①求人サイト

求人サイトも、介護以外の職種も掲載されている総合的な求人サイトから、介護業界専門の求人サイトまでたくさんの種類があります。
介護職として転職するならば、やはり専門の求人サイトを活用するのが良いでしょう。

メリット

情報量が多く、たくさんの求人を自分の目で確かめることができます。

また、時間に関係なくいつでも気軽に求人情報を見られます。
給与や勤務地、こだわり(夜勤なし、日曜休み、)で絞り込んだ求人を素早くチェックできる点が、求人サイトの強みです。

デメリット

情報量が多いことは、デメリットにもなります。
情報が多すぎて、自分に合った転職先を探し出せないということがあります。

また、サイトによっては、古い求人もそのまま出ていることがあり、応募しようと思っても既に募集していないなんてこともあります。

②転職エージェント

各エージェントのサイトに自分の情報を登録すると、希望条件に合う求人を探してくれます。
最近では、こうした効率的な転職方法が増えてきています。
求人サイトと同様に、無料で利用できるサービスとなっています。

メリット

専門家が、その人の細かな希望を聞いた上で最適な職場を紹介してくれます。
労働条件の交渉も行ってくれるので、余計な手間がかからずに済みます。

また、終業後もフォローを行ってくれるので、非常に安心です。

デメリット

契約をしていない施設を紹介することができません。

施設にとっては有料のサービスとなるので、利用していない施設も多くあります。
特に、訪問介護、小規模デイサービスなどの売上が多くない施設の選択肢は少なくなっています。

求人サイト、転職エージェントには、それぞれにメリット・デメリットがあります。
自分に合った方法を活用してみてください。

よい求人が多い時期

施設が人材を募集するのは、退職者が出た時と事業を拡大する時です。

退職者が多い時期というのは、ある程度決まっています。
それは、6月と12月です。

なぜこの2つの時期かと言うと、6月と12月にボーナスをもらってから辞める人が多いからです。
ハローワークの求人数を見ても、この時期の求人数が多くなっています。

転職する際は、情報収集がとても大切になります。
一つ、転職を考える際の参考にしてみてください。

【参考】
ケアキャリ「転職情報は集め方が肝心!介護転職に役立つ情報収集ガイド」
https://carecari.com/contents/guide/kaigo-tenshokujoho/kaigotenshoku-jyouhou/
介護職転職の時期 意外に知られていない良い求人が出る時期
https://kaigo-sigoto.net/kaigo/tensyoku-ziki.html
介護求人パーク「介護転職トレンド ~ イマドキの効率的な介護求人の探し方 ~」
https://5159289.jp/contents/trend/

カテゴリ一覧