介護業界の転職お役立ち情報

Information useful for Care Industry career change

施設見学で重要な5つのポイント〜介護の転職~

転職成功への道

2019/01/12

転職する際に必ずやっておきたいのが、気になった施設の見学です。
自分の目で施設を見て、よく知っておくことが欠かせません。

今回は施設見学で見ておきたいポイントを5つお伝えします。

①採用担当者が事業説明をしっかりできる

採用担当者は施設長などが兼任していることが多いです。
そのような立場にある人が自分たちの理念や目標などをしっかりと答えられなければ、その施設の職員全体が同じ意識を共有できていない可能性があります。
そういう施設の職員はモチベーションが低くなっているでしょう。

②職員の様子

職員がどのような様子で働いているのか確認しましょう。

常に忙しそうにしており、表情にゆとりがないようであれば、職員の数が足りていないのかもしれません。

また、職員が自分に挨拶をしてくれるか見ておきましょう。
挨拶もしてくれないようであれば、職員に対する教育が行き届いていないといえます。

一緒に働くことになるかもしれない人たちが、元気に、明るく、楽しそうに働いていることは、とても重要なことです。

③利用者様の様子

利用者様が笑顔で楽しそうにされていることは、職員への教育や指導がしっかりできていることの表れです。

介護職員として働くからには、利用者様がつまらなさそうにしている施設で働きたくはないでしょう。
しっかりとしたサービスが提供されていれば、利用者様の生き生きとした様子を感じ取れるはずです。

職員が利用者様の近くにいながら話をしていないようであれば、利用者様に寄り添えていないといえます。

④イベントの確認

実際に働きはじめると、施設で行われるイベントの企画や運営に携わる機会がでてくるので、日常的に行われるレクリエーションだけでなく、祭りなどの季節のイベントもチェックしましょう。

近いうちにイベントが開かれるようであれば、一緒に参加して体験してみるのも良いと思います。

⑤設備の確認

入浴設備やトイレ、ベッドなどは、介護施設によって設備の状況が異なっています。
最新式のものを導入していれば、身体への負担は少なくて済みます。

自分が実際に働いているイメージをしながら確認してみましょう。

「これからここで働くことになるかもしれない」
そんな臨場感を持って施設見学に臨みましょう。
採用担当者や職員に自分が見られているという意識もお忘れのないように。

【参考】
ケアラビNEWS「介護転職成功への道のり~面接・施設見学で見ておきたいポイント~」
https://kaigo.clickjob.jp/column/kaigo-tensyoku-seikou-points/
Kaigo Workers「介護施設を見学するときの服装や持ち物、施設で担当者に確認したい質問とは?」
https://kaigo-information.com/sisetsukengaku-hukusou/
カイゴカンゴ「介護施設の職場見学をする時に確認するポイント」
https://www.kaigokango.jp/column/2643/

カテゴリ一覧