介護業界の転職お役立ち情報

Information useful for Care Industry career change

介護をしている人があまり言われたくない3つの言葉

お仕事の悩み

2019/03/06

介護をしている方が精神的、肉体的に疲労をしていることはみなさんご存知でしょう。
そんな時、それを見ている周りの人は思わず労いの言葉を掛けたくなるでしょう。

しかし、何気なくかけたその言葉が逆に苛立たせてしまう場合もあります。
今回は、そんな「介護をしている人があまり言われたくない言葉」をご紹介していこうと思います。

「あなたの身体を1番大切にしなきゃ。」

家で介護をしている人や、介護の現場で働く人はこのセリフに聞き覚えがあるのではないでしょうか。
もちろん、言っている側からすれば相手を気遣っているのですが、言われた側からすると「そうしたいけどできない!!」というのが本音でしょう。

相手の体を心配してかけた言葉が、逆に相手を苛立たせてしまうことになりかねないのでご注意を。

「大変そうだね。」

こちらも、何気なくかけてしまいそうな一言ですが、注意が必要です。
なぜなら、聞いた側からすると、少し上から目線で、他人事のような印象を受けてしまうからです。

「頑張ってね。」

すでに介護で目一杯頑張っている人がこの言葉をかけられたらどう思うでしょうか。
「まだ頑張らなくちゃいけないの?」
「これ以上頑張れないよ。」
と、思ってしまうかもしれません。
軽はずみに言ってしまいがちな言葉ですが、一度言う前に踏みとどまって考えてみることが大切です。

いかがでしたでしょうか?
相手のためを思ってかけた言葉が、いつも相手のためになるとは限りません。
「この言葉を、介護をしている自分が言われたらどう思うだろうか。」と、一度考えてみることがとても大切です。

【参考】
care worker【絶対だめ!】介護してる人にかける言葉
https://news-schop.com/【絶対だめ!】介護してる人にかる言葉/

カテゴリ一覧