介護業界の転職お役立ち情報

Information useful for Care Industry career change

今の職場を辞めたいときにすべきこと5つ〜介護の転職~

転職成功への道

2019/03/15

「どうしても今の職場で働き続けるのは限界だ...」

そう思ったときに、どのようなことを意識し、どのような行動を取れば良いのでしょうか。

仕事を辞めるときにやるべきことを5つお伝えします。

①ボーナス支給前に次の職場を探し始める

ボーナスは仕事を頑張ったことに対するご褒美です。
ボーナスを受け取ってから辞めるのは決して悪いことではありません。

同じようにボーナスの時期に仕事を辞める人はたくさんいます。
その時期に次の職場を探し始めると、意外と良い求人が見つかるかもしれません。

②1か月前までに申告する

人手が不足している場合には2か月前に伝えておいた方が望ましいです。

法律では2週間前に申告しておけば退職できることになっていますが、人員を補充することを考え、1か月前には申告しておくようにしましょう。

いつまでに申告するか就業規則で定められている場合もあるので、雇用契約書も確認しておきましょう。

③直属の上司に伝える

退職の意思は自分の口から伝えるのがマナーです。

周囲の人間にうっかり「辞めたい」などと漏らしてしまうと、上司が人伝えに退職の意思を聞いてしまうことがあります。

辞めることは直属の上司に伝えてから他の職員に言うようにしましょう。

④辞め時は自由

人手が不足しているときに辞めようと思うのは難しいものです。
優しいが故に他の職員に気を使いすぎてしまい、いつまで経っても辞められないということがあります。

しかし、誰にでも仕事を自由に選ぶ権利があります。

難しい話ですが、日本国憲法で職業選択の自由というものが定められています。
本当に苦しいときは、意を決して辞める決断をする勇気も必要です。

⑤無難な退職理由

辞める意思を伝えると必ず退職理由を聞かれます。

円満に退職したいのであれば、会社への不満や愚痴は避けるようにしましょう。

一身上の都合や体力・体調を理由にされる方が多くいらっしゃいます。
その方がスムーズに話は進み、引き留めに合う可能性は低いです。

最後にお詫びの気持ちや感謝の気持ちをしっかりと伝えるようにしましょう。

その職場で働くのが心から苦しいときに、無理していつまでも働き続ける必要はありません。
あなたを必要としている場所はたくさんあります。
新しい環境で、これまでに培ってきたスキルを存分に生かしましょう。
退職が決まった後も、残りの業務は責任を持ってきっちりとこなしましょう。

【参考】
マネープレス「介護パートを辞めたいと思ったら?スムーズな辞め方のポイント」
https://www.money-press.info/care-worker-part-time-job-want-to-quit/
介護のひろば「介護職を辞めたいときに行うこと3つとその理由」
https://kaigo-hiroba.com/i-want-to-quit-a-nursing-career/

カテゴリ一覧